北摂エリア(宝塚市・池田市・箕面市・川西市)で新築一戸建てを宝塚市でお探しの方は【D.F.G住宅販売】におまかせください。

DFGが提案するかしこい暮らし LOHAUS

  • ブログ
  • スタッフ紹介
  • 会社概要
  • お問い合わせ

建設業 兵庫県知事 許可(般—24)第302279号
兵庫県知事(2)300346 兵庫県宅地建物取引業協会会員

D.F.G住宅販売有限会社
営業時間:9:30~19:30 定休日:毎週水曜日、第一・三・五火曜日

0120-419040

MENU

スタッフブログ

2020-06-11佐伯 幸太郎(ライター パリ)さんから(デザインストーリーズより)

ロックダウン後のパリの最新情報が入ってきました。

ロックダウン後、パリのカフェが変わった。何が変わったのか、筆者と共にカフェに行ってみましょう。まず、カフェに行くと、ギャルソンにテラス席に案内される。客は写真モードの携帯をギャルソンが胸につけているバッジに向ける。バッジにはQRコードが印刷されている。何もしなくとも自動的に店のメニューへと飛ぶ仕組みになっている。そこで選んで、ギャルソンに頼めばいいのだ。

その前に、そもそも、フランスで日本の皆さんが、どこのカフェで食事をするか悩んだなら、携帯に入ったグーグル翻訳を使う。入口に置かれているメニューでも、外壁に張り出されているメニューでもいいので、のぞき、同じように写真モードにした携帯を近づけると、なんと不思議、フランス語のメニューが日本語に変わる。それをスクショしたらいいのだ。
※このフランス語のメニューがグーグル翻訳で以下のような日本語に変換される。もっとも日本語は結構間違えているので、想像力を働かさないとならな

さて、一番、コロナウイルスを貰いやすいのが、コインや紙幣と言われているので、お会計を頼んだらカードで支払う。もちろんカードで支払うのだけど、ここにも時代の流れが…。カードは翳すだけで支払いが出来る。ロックダウン前まではこの方法で20ユーロがマックスだったけれど、ロックダウン解除後、お金の受け渡しを避けるため、50ユーロまで上限がアップされた。つまり、ギャルソンからは何も受け取らない、また、渡さずに店に入り出ることが出来る時代になったのである。コロナ以前の世界では考えられないことであった。

このシステムが今後、全仏に広がっていくのであろう。もちろん、これはカフェだけではなく、あらゆる商店などでも利用されることになる。メニューやお金に触れなければ、感染する確率は減るので、安心して食事やお茶が出来る時代の到来、有難いことである。

Archives

▲ページトップへ